経営コンサルタントコラム 2014年6月分

2014年6月18日 ザッケローニに学ぶ。

サッカーのワールドカップが始まりました。

我が日本代表は初戦のコートジボワールに残念ながら負けてしまいました。

世界ランクでいえば上位の国ですから、実力通りの結果かもしれませんが悔しいですね。

 

試合後、いつものように双方監督のインタビューが行われました。

その記事を目にし、ちょっとピンときました。これは経営に役立つ話だ、と。

中小企業経営のヒントとなりうべき内容、考えるヒント、思考方法の助けになるものと感じました。

 

それは日本代表ザッケローニ監督の談話でした。

たくさんの部下を育て、戦略提示し、戦術をもって使うという意味で共通する監督と経営者。考えてみれば、参考になるのは当り前ですね。

 

以下、ザッケローニ監督コートジボワール戦後のコメント

 

Q;通常のプレーは確かにできなかったが、コンディションはピークにして臨んだ。どこがうまくいかずにいつものプレーできなかったのか?

 

「通常何をしなければならないかは分かっているし、それができたときは結果も素晴らしい。今夜は相手が非常に優れていただけではなく、我々は通常のプレーができなかった。通常のプレーができなかったときは、まず私自身のことを反省する。私のパフォーマンスを考え、個々の選手のプレーを分析したうえで、次の試合に備える」

 

Q;日本は十分に立ち向かうために成熟していなかったのか?

 

「スピーカーとしては選手に答えさせたいが、私はそう思わない。私が何をできなかったのかを分析し、それを選手たちに伝える。4年間一緒にやって来たし、今日もよりももっといいプレーできると信じている。今夜はうまくいかなかったが、まずは自分を分析してから皆のプレーを分析する」

 

★通常のプレーができなかったときは、まず私自身のことを反省する。私のパフォーマンスを考え、個々の選手のプレーを分析したうえで次の試合に備える。

★まずは自分を分析してから皆のプレーを分析する

 

なにがすごいかというと「敗戦後、まず、自分自身を省みることから始める」と言っているところです。あいつがダメだから、使えないから、というところからではなく、監督としての自分が間違ってなかったか、というところから始める。

 

企業が低迷期を脱するためには、まず、経営者としての自分が間違ってなかったか、そこから始まる、ということと非常に似ていますね。

 

うまくいかなかったときは、まず、トップたる自分の分析をする。

 

これ、さらっと言ってますが、すごいことです。

監督は自分でプレーしません、頭にある戦略は必ず相手に勝てるはず。

自分は間違ってなかった、やった選手が悪い、相手が強い、普通そう考えるでしょう。

しかし、ザッケローニは自分のことを最初に分析すると言っている。

 

中小企業はなんだかんだ言って、社長たるトップ次第。

成長するのも腐るのも社長さん次第。

社長がだめならどんなに優秀な部下がいても会社は傾きます(優秀な人程早く辞めちゃう)。だから会社が傾いたら社長自身がこれまでの自分を変えなければならない。

 

でも、これがなかなかできない。

だから、瞬間的に倒産を回避しても結局ダメになる。

 

で、どうすりゃいいの?というところですが、ザッケローニ監督がおっしゃるように、社長自らが自分を分析し、どうすべきかを考えなくてはけないんです。

 

間違ってもらいたくないのですが、これは責任論や悪者探しではありません、あくまで「分析」の話です。あいつが悪いとかではなくて。

 

失敗したのは何故か、監督たる自分の思考から分析する。

指示を出しているのは自分だから。

 

言われてみれば当り前の話ですよね。

 

サッカーは試合に勝つことが目的です。

監督の正しさを証明することが目的ではありません。なので、自分の判断は正しかったのか、そうでなかったのか、そうでなかったら、どうすべきだったか、次の試合に勝つという目的のために、自分の判断をどう修正すべきかを検討し答えを見つけ出す、分析をするのでしょう。経営に置き換えれば、社長さんは利益を出すことが仕事です。とはいえ現実は、正しいことを証明したがる人が多いですが。

 

勝ちに不思議の勝ちあり

負けに不思議の負けなし

 

とは野球の野村監督でしたっけ?

 

どんな結果であろうとその結果に真摯に向き合い、そこから次のヒントを見つける。

たとえマイナスの結果でも逃げずに対峙する。

社長という職業をやってらっしゃる方にはぜひそうあって欲しいものです。

 

部下は社長の背を見て育つ。

 
池田

2014年6月12日 景況調査から見る今後の景気見通し

平成26年6月11日、内閣府及び財務省から第41回法人企業景気予測調査(平成26年4-6月期調査)の結果が公表されました。(→内閣府HP

 

法人企業景気予測調査は、経済活動の主要部分を占める企業活動を把握することにより、経済の現状及び今後の見通しに関する基礎資料を得ることを目的として、資本金1千万円以上の法人企業を対象に実施している調査です。

 

調査の効率的実施などを図るため、内閣府の「法人企業動向調査」と財務省の「財務省景気予測調査」を一元化して、平成16年4-6月期より内閣府・財務省の共管調査として四半期ごと(5月、8月、11月及び翌年2月の年4回)に実施しています。調査結果は、6月、9月、12月、翌年3月の上~中旬に公表されます。

 

で、調査の結果はどうだったかというと、

 

■景況

「貴社の景況」

26年4~6月期の「貴社の景況判断」BSIを全産業でみると、大企業、中堅企業、中小企業いずれも「下降」超となっている。

先行きを全産業でみると、大企業、中堅企業は26年7~9月期に「上昇」超に転じる見通し、中小企業は26年10~12月期に「上昇」超に転じる見通しとなっている。

 

「国内の景況」

26年4~6月期の「国内の景況判断」BSIを全産業でみると、大企業、中堅企業、中小企業いずれも「下降」超となっている。

先行きを全産業でみると、大企業、中堅企業、中小企業いずれも26年7~9月期に「上昇」超に転じる見通しとなっている。

 

■雇用

26年6月末時点の「従業員数判断」BSIを全産業でみると、大企業、中堅企業、中小企業いずれも「不足気味」超となっている。

先行きを全産業でみると、大企業、中堅企業、中小企業いずれも「不足気味」超で推移する見通しとなっている。

 

■売上高

26年度は、1.0%の増収見通しとなっている(上期1.5%の増収見込み、下期0.5%の増収見通し)。業種別にみると、製造業、非製造業ともに増収見通しとなっている。

 

■経常利益

26年度は、2.3%の減益見通しとなっている(上期7.2%の減益見込み、下期2.4%の増益見通し)。業種別にみると、製造業、非製造業ともに減益見通しとなっている。 

 

■設備投資

26年度は、4.5%の増加見通しとなっている(上期14.9%の増加見込み、下期3.1%の減少見通し)。業種別にみると、製造業、非製造業ともに増加見通しとなっている。

 

景況について、4-6はだいぶ悪いですね。

消費税前駆け込み需要反動でしょうか。

 

たしかに現場を見ていると、けっこう反動があるように思えます。

その分年度末の業績は良かったわけですが。

 

これまでの推移グラフを見ても4-6の落ち込みっぷりは、これまで順調に回復してきただけに、目立ちますね。

(貴社の景況)

貴社の景況

(国内の景況)

国内の景況

 

ただ、7月以降は上昇に転じるという見通しとなっていますので、夏以降に期待、というところでしょうか。

今がこらえどころとも言えますので、4-6で業績が落ちた、また、落ちそうな会社さんはここをなんとか踏ん張ってもらって、夏以降の回復にもれなく乗っていって欲しいところです。

 
池田
 

2014年6月6日 事業計画は社内に対しても有用。

会社の再建や倒産回避のアドバイス、中小企業さんの顧問などをしていると、事業計画を作成されていない会社さんに出くわすことがよくあります。

 

このような会社さんが事業計画を作る、作らなければならない状況になるというのは、大抵外部(銀行など)からの要求に基づくものです。本来的には企業自身の為に作るものですが、中小企業ではあくまで外部向けに作成することが多いと思います。

 

事業計画は会社の生きる目標ですので、本来的には(形になっている かどうかは別にして)必ずあります。成長していきたい計画や安定し たいという計画、潰れたくないという計画など、会社さんそれぞれ、 独自の計画が必ずあります。

事業計画が無い、というのは、それが社長さんなど経営者さんの頭の中だけにあり、表に出ていない、形に表されていないということを意味します。

 

実際、私が事業計画策定のアドバイスをするときは、この経営者さんの頭のなかにあるものを、あの手この手で引き出し引き出し、整理整頓、見易く提示してさしあげる、という作業をすることになります。

 

事業計画がない場合、ひとりでビジネスしているようなタイミングでは、自分で考え自分で動けばいいわけですから、それでも問題ありません。しかし、社員さんがいるとなると、ちょっと話が違います。

 

事業計画がないということは、会社に所属している社員さんからは、 会社の行きたい向・目標が見えない、ということになります。 これは、言い換えれば、行き先のわからない電車に乗っているのと同じことです。

 

スリリング、という意味では刺激的な人生を送れるかも しれませんが、勤めている人からすれば、普通、コワくて不安になります。

社員さんは、その人生の多くの時間を会社に費やすことになるわけですから、その会社にいるかどうか、いるべきかどうかの判断は 人生の一大事になります。

事業計画がなければ、判断するための材料が足りません 。足らずに判断すれば、それは危険な賭けになってしまいます。これでは安心して働けない。

 

また、社長さんの頭の中では、いけいけどんどんで拡大発展を考えていても、社員さんが違う志向があったらそこはミス・マッチになってしまいます 。

社員さんからすれば、その会社に合わないということを知り、辞める機会を逸してしまうわけですね。会社としても、方向性の合わない人を継続して雇ってしま うという残念な結果になってしまうわけです。

 

これは経営者、社員ともお互いに不幸ですね。

 

事業計画が無い、ということで斯様な状況を導いてしまう可能性があるのであれば、社長さんは頭の中にある計画をきちんと表に出して開示し、説明する必要があります。でなければミスマッチの不幸は収まりせん 。

 

つまり、事業計画は単に財務的な話だけでなく、社員のモチベーショ ンややる気、社内の雰囲気といったところにも関連してくるわけです。

 

ならば作るのが道理。

といっても今まで作ったことがない方は、どこからどう手を付けてよいものかわかりませんね。

そこで、これから計画の策定方法をざっくりご紹介します。

まず、事業計画の骨組みとしては以下のような感じで考えていきます 。

 

1)今は我々はここにいます。

2)将来我々はどこどこに行きたいです。

3)どこどこに行くには、こういう経路で行かねばなりません。

4)そのためにはこれをして、あれをします。

 

ちなみに、

 

ここ=現況

どこそこ=目標

こういう=戦略

これあれ=施策 です。

 

現況は過去の数値的な実績も含めて、現状課題の把握が主になります 。

強みや弱み、機会や脅威の所謂SWOT分析的なものですね。

とはいえ、やりたいことがあっても現実不可能では計画とはいえません。(実際 のところ、不可能なことというのは世の中にそうはありませんが)

可能な目標に対して、今の戦力から何ができるか、戦力が足りなけれ ばどうするか、という戦略を考えます。

そして、戦略を実行するためにその施策、行動計画を定めます。

 

このなかで一番大事なところは、目標の設定です。

 

例えば、アグレッシブにいくとすれば「売上10倍」「売上日本一」とか、保守的にいくとすれば「仕事が無くても5年食える会社にする」 とか、なんでも良いとは思いますが、どこへ行きたいんだ、というこ とを明確に定めることが大事です。

 

それにプラスして具体的な数値目標を定めます。

 

ランチェスター戦略(中小企業向けのニッチ生き残り戦略)などでは 地域№1を目指すとこから始めますよね。

 

話はそれますが、人間、目標があるからこそ頑張れるものです。

志望校が決まらなければ、受験勉強にはなかなか身が入りません。目指せ東大!とか。目標偏差値なども自ずと導かれてきますよね( 偏差値とかが教育的に良いかどうかは別にして)。それと同じです。

 

と、このような感じで計画を具体的なものに仕上げていきます。

 

事業計画の作成を社員のためと思って始めても、むしろ経営者さん自身の頭の整理に役立ったりするものです。

 

事業計画を作ったことのない方は、ぜひ一度取りかかってみてください。きっと新たな発見があるはずです。

コツは、考える際に、頭の中だけでなく、実際に紙に書いていくことです。単純なことですが、役に立ちますよ。

 

客観的な意見を、ということでしたら、いつでも相談に乗りますのでお 気軽にご連絡をどうぞ。

 

世の中的には梅雨に入ったとか。体調を崩しやすい季節です。お身体ご自愛のほど。

 

池田

連絡先イメージ
経営コンサルタント写真

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング