中小企業関連情報

事業復活支援金の締切迫る!

コロナの影響を受けた中小法人・個人事業者に対し、事業継続・回復を支援する

目的の補助金、事業復活支援金の締切が5月31日に迫っています。

 

申請手続きで求められる事前確認の締切が5月26日なので、実質的には、

5月26日が締め切りとなります。

 

給付金は、売上高の減少率と年間売上高に応じて、個人の30万円~法人の250万円

となっています。

 

営業利益5%とかの事業者さんなら100万稼ぐのに2千万の売上が必要なのですから、

少ないながらもそれなりのインパクトはありますね。

 

なにがしかのコロナ影響で売り上げが落ちている事業者さんが多いかと思います。

バラマキ、金額が少なすぎるなどいろいろ批判もある支援金ですが、手当いただけるものは

ありがたく頂戴しておきましょう。

 

 

ちなみに、給付の対象者は、

・新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者さんで、

・2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、

・2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して、

・50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者さん

です。

 

気になる給付額ですが、以下のような計算式で計算されます。

 

給付額 = 基準期間の売上高 - 対象月の売上高×5

 

ここでいう基準期間とは、

「2018年11月~2019年3月」、

「2019年11月~2020年3月」、

「2020年11月~2021年3月」、

 

対象月とは、

2021年11月~2022年3月のいずれかの月(つまり1か月)です。

つまり、5か月分の売上減少額を補填してくれるということになりますね。

 

ですが給付上限があり、これは売上高の減少具合により異なります。

 

〈売上高減少率50%以上〉

年間売上1億円以下 100万円

年間売上1億超~5億円 150万円

年間売上5億円超 250万円

個人事業主 50万円

 

〈売上高減少率30以上50%未満〉

年間売上1億円以下 60万円

年間売上1億超~5億円 90万円

年間売上5億円超 150万円

個人事業主 30万円

 

5か月分の減少額が上記上限未満という事業者さんは少ないと思いますので、

実質はこの上限額が給付金額、ということになろうかと思います。

 

ありがたい給付金ですが、売上減少がコロナの影響である必要があるので、

その点はご注意ください。(影響裏付け資料の提出が求められることがある)

 

 

なお、詳細情報・資料等は事業復活支援金のホームページで確認ください。

https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

給付金額のシミュレーションもできるようです。

 

 

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等