会社再生関連ニュース

平成24年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

経産省より平成24年工場立地動向調査結果の速報がリリースされました。

機械メーカーさんや部品メーカーさんには今後の需要動向の参考になるかもしれませんね。

ちなみに、立地件数は前年比41.4%増だそうです。

ただ、増加の多くは電気業(太陽光発電関係)で、電気業を除くと前年比1割弱の増加となっています。

リーマンショック前の水準には追いついていませんが、とはいえ、底打ちから上昇の気配となっていますね。

中小製造業の追い風になってくれればいいのですが。。

 

詳細→経産省HP

 

以下経産省資料概要より抜粋

 

平成25年4月5日平成24年(1月~12月期)工場立地動向調査結果(速報)

経済産業省は、工場を建設する目的で平成24年に1,000㎡以上の用地を取得した製造業、電気業、ガス業、熱供給業の事業者を対象に「工場立地動向調査」を実施し、結果を取りまとめました。

 

平成24年1月から12月における全国の工場立地件数は、

1,229件(前年比41.4%増)、

工場立地面積は3,144ha(前年比207.4%増)

となりました。

 

なお、電気業を除いた工場立地件数は940件(前年比9.8%増)、

工場立地面積は1,105ha(前年比11.4%増)となっています。

 

立地件数を業種別に見ると、立地件数の多い順に、

①食料品175件(構成比14.2% )、

②金属製品128件(同10.4%)、

③輸送用機械器具79件(同6.4%)、

④生産用機械器具68件(同5.5%)、

の順となった。

 

また、立地件数の増加数を業種別で見ると、

①金属製品(28件増)、

②食料品(20件増)、

③化学工業(9件増)

であった。

 

地域ブロック別に工場立地動向を見ると、

立地件数では、

関東内陸(前年131件→226件)、

東海(前年146件→189件)、

北海道(同27件→75件)、

南九州(前年32件→77件)、

北九州(同60件→91件)

等の地域が前年と比べて増加した。

 

立地面積をみると、

北海道(前年28ha→466ha)、

関東内陸(同146ha→528ha)、

南東北(同85ha→404ha)

等の地域が前年と比べて大幅な増加となった。

 

工場立地の上位地域は、

①関東内陸(226件)、

②東海(189件)、

③南東北(111件)

となり、

 

都道府県別では、

①北海道(75件 )、

②静岡県(73件)、

③群馬県(70件)

となった。

 

 

 

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
経営コンサルタント写真

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング