カテゴリ:許認可・制度


中小企業の皆さん、皆さんの血と汗と涙の創意工夫で生まれた商品が、もし真似されたらどうしますか?模倣品を防ぐためには防御策を敷いておかねばなりません。今回はそのひとつ、意匠権についてお話していきます。
今年4月から本格施行された受動喫煙防止法ですが、たばこ客メインの喫茶店さんは喫煙防止倒産などという話も。どんな場合なら喫煙可とできるのか、中小零細なら従わなくともOKなのか?などお話しています。
ネット販売動向に影響を与えるインフルエンサー。中小企業の皆さんで活用したいとお考えの会社もあるでしょう。インフルエンサー活用時の注意点と対応方法についてお話しています。
外国人が日本で法人設立する場合の諸手続き、費用などについて紹介しています。法務局、税務署、都税事務所、労基署、職安、年金事務所、入国管理局、日銀などに足を運ばなければならずなかなか手間ですね。
通販でスーパードライを売ることはできない?!ゾンビ免許をM&Aを使って取得し参入障壁を乗り越えた事例を紹介しています。大企業はいろいろ考えるものです。中小企業も負けていられませんね。
中小企業関連情報 · 17日 2月 2017
中小企業技術革新制度(SBIR制度)の対象となる、特定補助金等に指定された事業が公表されました。ものづくり補助金も対象となっています。低利融資を受けられたり、特許料が安くなったり、国への入札参加がしやすくなったりします。
リスケ(返済猶予)を銀行にお願いした際、弱みにつけこまれ、無理難題を押し付けられた話を耳にします。中小企業経営者の皆さん、ひどいことをやられて黙っている必要はないのですよ。
中小企業関連情報 · 28日 6月 2016
経営力向上計画の認定を受ければ、その計画に基づいて取得した設備の固定資産が3年間半分になります。申請はそれほどむずかしくないので、中小企業経営者のみなさん、一度チャレンジされてはいかがでしょうか?
中小企業関連情報 · 13日 4月 2016
創業補助金の公募開始のニュース。起業する方や再生などにより新たな事業領域に挑戦される中小企業経営者さん向けの補助金です。補助金額は最大200万円。
会社で未払いの税金が、経営者や個人に降り掛かってくる、第二次納税義務というものがあります。会社が潰れてしまえば終わり、というわけにはいかないのが税金です。

さらに表示する

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング