匿名組合

匿名組合とは、当事者の一方が相手方の営業のために出資をし、その営業から生ずる利益を分配するもの。当事者間の契約により効力を生じます。TK(ティー・ケー)と略されて呼ばれることも多い。

 

組合と名前がついているが、団体ではなく2当事者間の契約。ついては法人ではない。また、組合員同士他の組合員かわからない(匿名性)のが特徴。投資先にもわからないため(対外的には営業者の名前で取引するので)、名前を知られたくないが投資はしたいといった場合に有用。

 

営業者は既存の事業会社がそのまま行うことはなく、通常、新たにヴィークル法人(合同会社や株式会社)を設立して、営業者として活動する。なお、営業者が個人であっても可能。出資は金銭のみとなっています。出資額以上の負担はない。

 

法人ではないので利益に税金がかからず、二重課税の問題を回避できるのもファンド等で活用される理由。(組合員が配当を受け取ったときに課税)

 

 

 

 

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング