抵当権消滅請求

抵当権消滅請求(民379)とは、抵当権の付いた不動産を取得した人(第三者)が、抵当権者に対し、代価や物件の価額を債権者に弁済することにより抵当権の消滅を請求できるもの。

債務者が2ヶ月以内に競売に進まなければ承諾したものとみなされる。

すべての債権者が第三者が提供した代価等を承諾し払い渡しを受けたとき抵当権は消滅する。

主たる債務者、保証人、これらの承継人は請求できない。また、請求は競売による差押の効力発生前にしなければならない。

 

 

 

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング