物上代位

抵当権の対象である建物などが滅失して保険金債権が発生したような場合に、抵当権が保険金債権などに存続する制度のこと。物上代位の対象は「目的物の売却、賃貸、滅失又は既存によって債務者が受けるべき金銭その他の物」となっており、代金債権や土地収用時に与えられた換地などが考えられる。賃料債権への物上代位も認められるが、第三者に対抗するためには差押えが必要。

 

 

 

 

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
経営コンサルタント写真

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング