· 

政府資金繰り支援策まとめ

経済産業省より、新コロナ関連の資金繰り支援策が様々出ています。

 

以下、経産省のまとめ資料より。

 

・今回の対策は国民の命と健康を守ることを最優先に当面緊急に措置する対策であるが、足下の状況を踏まえて事業者への支援もしっかりと行う。

・事業者の資金繰りを5,000億円規模で徹底的に支援。また、生産性⾰命推進事業等を活用し、サプライチェーンの毀損等にも対応。

・今後も事態や地域の置かれた状況の変化を見極めつつ、必要な施策を講じていく。

 

1.徹底的な資金繰り支援

①セーフティネット保証4号・5号

【4号】自治体からの要請に基づき、別枠(最大2.8億円)で100%保証。(売上高が前年同期比▲20%以上減少の場合)

【5号】重大な影響が生じている業種に、別枠(最大2.8億円)で80%保証。(売上高が前年同期比▲5%以上減少の場合)

②セーフティネット貸付(要件緩和) 

売上高の減少等の程度に関わらず、今後の影響が見込まれる場合も含めて融資。

(上限額)中小7.2億円、国民4800万円

(基準金利)中小1.11%、国民1.91%※担保等により変動

③衛生環境激変対策特別貸付

⼀時的な業況悪化等となった旅館業等営業者に、通常と別枠で特別貸付。

(上限額)旅館業3千万円、その他業種1千万円

(基準金利)1.91% 又は 1.01% ※担保等により変動

④金融機関等への配慮要請

事業者からの返済緩和要望等への柔軟な対応を要請。

 

2.サプライチェーン・観光等

○生産性革命推進事業

サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資や販路開拓に取り組む事業者を優先的に支援。

ⅰ.ものづくり・商業・サービス補助

国内生産強化等の設備投資を支援

・ 補助率 中小1/2 小規模2/3

・ 補助上限 1,000万円

ⅱ.持続化補助

小規模事業者の販路開拓を支援

・ 補助率 2/3

・ 補助上限 50万円

ⅲ.IT導入補助

IT導入による効率化を支援

・ 補助率 1/2

・ 補助額 30〜450万円

 

3.経営環境の整備

①経営相談窓口の開設(1/29~)

中小団体、支援機関、政府系金融機関等1,050拠点に窓口を設置し、経営相談に対応。

②産業界への下請配慮要請

新型コロナウィルスによる影響を受ける事業者との取引について、親事業者が柔軟な配慮を行うよう要請。

③雇用調整助成金

日中間の人の往来の急減による影響を受けるなど一定の要件を満たす事業主について、支給要件を緩和。(助成内容)休業時の休業手当等について、中小企業は2/3、大企業は1/2を助成。

 

4.国内感染対策の側方支援

十分な量のマスクを継続的に供給できる環境の整備(マスク生産設備の導入補助等)

産総研が開発した迅速ウイルス検出機器の新型コロナウイルス感染症対応

 

 

新型コロナウイルスの影響で中国頼みの観光業はすでに打撃を受けていることでしょう。

また、今後飲食業など人が集まるような環境下での商売は軒並み売上減少、資金繰り悪化することが考えられます。ついては、1.の保証と貸付がメインの支援策となります。

2.は設備投資時の補助金を優先選択する、ということですが、耐え忍ぶ時勢に新たな投資をする方はあまりいないでしょうから、役には立つことは少ないでしょう。中国の下請け使っているような会社が国内で内製化するから機械買うので使う、というパターンはありかもしれませんが。

 

 

 

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
池田ビジネスコンサルティングロゴ

事業再生・会社再生・事業承継・顧問等経営コンサルティング

池田ビジネスコンサルティング