LLC(エルエルシー)

Limited Liabilit Company(リミテッド ライアビリティ カンパニー:有限責任会社)の略。

頭文字をとってLLCという。読みはエルエルシー。

 

もともとは米国の制度。日本におけるLLCは日本版LLCと呼ばれ、合同会社のことを指す。

法人格があるため法人税の課税対象で、パススルー(二重課税回避)にはならない。

 

合同会社は、次のような特徴を持っている。

 

1)有限責任制

合名会社や合資会社と違い、社員(出資者)は出資額の範囲までしか責任を負いません。 内部自治原則>株式会社と違い、利益や権限の配分が出資金額の比率に拘束されません。 また、取締役会や監査役のような機関を設置する必要がありません。

 

2)社員数

社員1名のみの合同会社の設立・存続が認められます。

 

3)意思決定

社員の入社、持分の譲渡、会社成立後の定款変更は、原則として社員全員の同意によります。

 

4)業務執行

各社員が原則として業務執行権限を有しますが、定款で一部の社員のみを業務執行社員と定めることも可能です。

 

5)決算書の作成

貸借対照表、損益計算書、社員資本等変動計算書の作成が必要です。

                              (出典:中小企業庁)

 

株式会社との違いは、基本的に所有と経営が一致した人的組織形態である点。

  

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

セキュリティ対策自己宣言ロゴ