マルチプル法

企業価値算定方法のひとつ。上場企業を基準として、その企業の財務指標などから評価倍率を求め、企業価値を推定する方法。類似企業比較法ともいう。

 

類似・比較可能な企業の企業価値が、EBITDAなどの指標の何倍になっているか(マルチプル)を計算し、評価対象企業のEBITDAなどの指標に計算したマルチプルを掛けることで企業価値を求める。

 

EBITDA倍率=EV/EBITDA

 

=========================================

会社再生、M&A、資金調達他経営コンサルティング

中小企業経営者と、ともに歩む。

池田ビジネスコンサルティング

連絡先イメージ
問題解決画像池田輝之

会社再生、事業承継・M&A、経営顧問、資金調達など経営コンサルティングのご相談は、当事務所までお気軽にどうぞ。

ご相談はこちらから

無料ダウンロード

経営改善計画書書式
資金繰り表書式

人気コラムTOP5 (前月)

著作・出演等

著作等
セキュリティ対策自己宣言ロゴ